病院と看護師との現在の事情

医療現場では看護師の不足が長年言われてきました。それは今ではもはや定番ともなっています。看護師不足は日本が抱えている問題といえます。それでは長年いわれている看護師の不足は何故解決しないのでしょうか。看護師は毎年、5万人弱誕生しています。一方では退職数はそれよりも少なくなっていますので、毎年看護師の数は増加している勘定になるのです。
それでも看護師の数が足りないといわれているのは、急激に増加している高齢者によるものです。日本は現在急速に高齢化社会に突き進んでいます。これは今に始まったことではなく何年も前から言われていたことです。そのために介護士などの人員も増やしてきましたが、どうしても人の世話をする仕事というのは大変な仕事でストレスも溜まります。長年教育を受けてきた看護師ですら離職していく世界で介護士がなかなか続かないのも頷けるものだといえるでしょう。

 

看護師の場合は介護だけではありません。様々な要因が重なっています。そのため看護師はいつの時代でもその数は不足していて、そのため看護師は転職の業界にあって引く手あまたといえる存在なのです。恐らく女性が多い職種の中では一番就職や転職に困らないのが看護師であることは間違いありません。それは今までもそうでしたし、これからも間違いなく転職では看護師が一番といえるでしょう。

 

一方でせっかく看護師になっても看護師の職を離れていく人も後を絶ちません。このような人達は看護師の潜在的な予備軍としてかなりの数がいるようです。そのような人達を再度医療の世界に呼び戻すことで、看護師の不足を一気に解消するといった動きがあるのも事実です。

 

一旦自分に向いていないと思うとなかなかその職場に復帰することは難しいと思うのですが、これが実現すると確かに看護師不足の問題は一気に解決するような期待感があります。そのようになれがいいですし、これからもその動きは見守っていきたいものですね。